脚の裏の部分の脱毛は大変です

本当はプロにお願いしたいですが、毛が太い分だけ痛みと費用が掛かると思ってしまうのでなかなかお店へは向かうこともできませんでした。地元寝屋川市の安い脱毛サロンを見つけることができたので、脱毛が完了して毛の悩みはなくなりましたが、昔はけっこう悩んでましたね。

自己処理している時に、自分の目で確認できない部分の処理は入念にしないと毛が残ってしまうことから、他の部分よりも慎重にやってしまいます。

自分の目で確認できない部分というと、背中や襟足部分と思いつきそうですが、それ以外にふくらはぎから踵までの脚の裏側も難易度が高いのです。

手が届く範囲なのでそうでもないのでは思いがちですが、処理する時に脚の角度を変えながら処理しないとならなく、左右両方処理するとなりますと時間が掛かります。

毛深い人ほどまんべんなくムダ毛が生えていることから、1本でも残さないようにしようと思っている人ほど丁寧に処理をします。

細かくチェックをしますので、脚の位置を変えるということは少しでも見えやすい姿勢にする為に体も動かしますし、柔軟性が低いほど何十分も苦しい姿勢でいなくてはならないことから、脱毛が終わった時には結構疲れるのです。

また足のムダ毛はひざ上とひざ下とではムダ下の太さが同じではなく、とくにひざ下から足首にかけて太くて頑固な太い毛なことから、処理中に痛みを感じることもあるのです。

毛の太さが違ってきますと、クリームやテープでの処理は考えながら処理しないとならなく、ひざ下から足首まで一気に処理しても大丈夫だろうと思い、時間短縮するために手間を省いてしまいますとふくらはぎの部分のムダ毛だけが残ってしまったということもあります。

私も時間短縮の為にひざ下の脱毛は一度に処理することが多く、2回に1回の割合で足首周辺のムダ毛が残っていますので、そのたびにカットしますので2度手間が掛かってしまいます。

だからといって脚の裏側だから他の人から見られないだろうと、楽観視してそのままにしてしまいますと意外と見ていることもあって、指摘されてしまった時には恥ずかしい思いをすることから、見られない箇所と思っても手深い人は丁寧に処理をしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です